GLIM SPANKY-怒りをくれよ-歌詞

「ONE PIECE FILM GOLD」の主題歌であるGLIM SPANKYの「怒りをくれよ」

ハスキーな声とかっこいいメロディーで映画と同じくらい注目度がアップしています。

今回はその「怒りをくれよ」の歌詞を調べてみました。

スポンサードリンク

GLIM SPANKY-怒りをくれよの歌詞

160718-2

作詞はGLIM SPANKYの松尾レミさんといしわたり淳治さんで作曲はGLIM SPANKYとなっています。

鈍感なふりして あげるからほら調子に乗れ
最低なセリフで もっと怒りに火を点けてくれ

限界のピンチを 本気で感じて初めて
本能が震えて 新しい自分が目覚めるんだ

お前なら 分かるはずだろ
そんなんじゃあ まだまだ 売られた喧嘩 安すぎるぜ

怒(いか)りをもっとくれ 本気になりたいんだ
まだ 全然足んねえな 怒(おこ)らせてくれよ
馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ
試練何度越えようが 満足を蹴り飛ばし行こうぜ

関係ない顔した ことなかれ主義の腑抜けが
陰でニヤニヤ 人のこと何を笑ってるんだ?
お前らさ 笑われるのは
湿った心は 最悪の燃えないゴミだぜ

怒りをもっとくれ 理性なら邪魔なんだ
限界越えた先にしか欲しい物はないから
目が眩むほどの 火花飛び散らして
なあ 全身全霊で ぶつかろうぜ 輝くために

問題ばっかの世界 答えはどこにもないから
困難があるほど 楽しめたもん勝ちなんだぜ

怒りをもっとくれ 本気になりたいんだ
まだ 全然足んねえな 怒らせてくれよ
怒りをもっとくれ 理性なら邪魔なんだ
限界越えた先にしか欲しい物はないから
馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ
試練何度越えようが 満足を蹴り飛ばし行こうぜ

満足を蹴り飛ばせっていうところがかっこいいですよね♪

現状に満足することなく夢や試練を負い続けろって感じが素敵です^^

GLIM SPANKY-怒りをくれよ-収録アルバム

スポンサードリンク

「ONE PIECE FILM GOLD」の主題歌であるGLIM SPANKYの「怒りをくれよ」はシングルではなくアルバムの中の一曲になっています。

7月20日にリリースされるGLIM SPANKYの「Next One」というアルバムに収録されています。

収録曲は以下の通りです。

01. NEXT ONE ※ブラインドサッカー日本代表公式ソング

02. 怒りをくれよ ※映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌

03. 闇に目を凝らせば ※映画『少女』主題歌

04. grand port

05. 時代のヒーロー ※Amazonオリジナルドラマ『宇宙の仕事』主題歌

06. 話をしよう ※NHK Eテレアニメ『境界のRINNE』第2シリーズエンディングテーマ

07. NIGHT LAN DOT

08. いざメキシコへ

09. 風に唄えば

10. ワイルド・サイドを行け

主題歌やテーマソングに多用されていますね。

それだけGLIM SPANKYに注目が集まっていることの現れですね♪

まとめ

以上、「GLIM SPANKY-怒りをくれよ-歌詞」でした。

GLIM SPANKYのボーカル松尾レミさんのハスキーな声も魅力ですが、その歌詞と共にある世界観も素敵です。

今回の主題歌適用で注目度は間違いなく高まります。

これをきっかけにどんどん活躍してそのかっこいい声と世界観を広めていってほしいですね♪

関連記事:GLIM SPANKY-怒りをくれよ-フルPV動画とプロフィール

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリーから検索

ピックアップ記事

  1. 海外のおもしろ・オシャレなトリックアート画像厳選20枚

    見ているだけでも楽しいトリックアート。 写真を撮ることでより楽しくもなり、トリックアートの世界…
  2. 桜井日奈子と橋本環奈を比較!1000年に1人VS岡山の奇跡

    岡山の奇跡と呼ばれ注目度急上昇の桜井日奈子さん。 ニュースでは1000年に1人の逸材と言われた…
  3. 可愛すぎる動物の赤ちゃんに癒やされたい!写真まとめ

    疲れた時や気分転換などをしたいときにふと見たくなる そんな心の癒しの代表格的な動物の赤ちゃんた…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 18年ぶりの完全新作となるドラゴンボールの新シリーズ ドラゴンボール超(スーパー)の放送開始が…
  2. 今や大御所となった日本のロックバンド「ジ・アルフィー」 名曲が多く僕も大好きなバンドです。 …
  3. 5月11日の22時からNHKで放送されるオムニバスコント番組 「LIFE」にて伝説のキャラクターマ…
  4. 7月14火から放映がスタートする「ウルトラマンX」 そのヒロイン役に抜擢された坂ノ上茜さんとい…
ページ上部へ戻る